2018年のオリオン座流星群等の観測予想と速報等

オリオン座流星群等の予想
今年の極大日は22日の2時頃です。17日〜27日頃の観測が重要になります。今年は、満月ですので観測条件はあまりよくないです。この群は、22時から5時頃まで観測が可能ですが2時から4時頃が多いです。予想出現数は、1時間に15〜20個程度でしょう。オリオン群の観測条件ここ数年、9月中からオリオン群の同時流星が得られています2008年は、9月4日から軌道が求められました。母彗星の回帰後18年にもなり、ここ数年暗い流星が多くなってきているようです。極大の3日前(太陽黄経 204.3゜付近)に小極大も観測されています速くて青白で痕を残すのが特徴です。時々明るい火球も出現します。2006年は、眼視で200個近く、TV観測で80個近くの突発出現が観測されています関連論文「ハレー彗星起源の流星群のダスト・トレイルについて」。写真観測とTV観測では、50mmのレンズでも、1時間に10個程度の出現を捕らえることができ、軌道を求めることができると思います。今は、TV6mmUFOCapture自動観測もでき解析までできて軌道も求められるようになりました。今までにも、多くのグループで、写真やTVの同時観測を試みて、軌道がたくさん求められています。私は、ジャコビニ群(9日)のTV観測中に、オリオン群の初期出現を捕らえ軌道も求めることができました。極大前後でも、十分に軌道を求めることができます。また、この時期は、εふたご群の高速流星も観測されます。同時観測をして、小流星群の軌道を求める価値があります。また、電波観測では、天気に左右されずに観測ができます。

オリオン座流星群のアニメーションへ  オリオン流星群観測情報等  他の小流星群の軌道一覧へ

群名 日付 太陽黄経 α δ VG a e q ω Ω i 備考
Ori 9/9 166 62.9 10.2 67.8 8.4 0.89 0.85 48.7 346.2 160.4 関口 2008
Ori 9/10 167 67.9 12.3 69.1 10.4 0.91 0.93 32.2 346.9 163.3 関口 2009
Ori 9/21 177.6 73 13 67 5.3 0.8 0.8 54.1 357.6 161.4 関口 2006
Ori 10/9 195.3 90 11 66 4.4 0.81 0.78 59.3 15.3 155.6 関口
Ori 10/20 207 94 15 67 14.5 0.96 0.58 80 27 163 MSSWG流星群カタログ
γGem 9/30 187 85 13 63 1.7 0.53 0.78 69 7 160 MSSWG流星群カタログ
γGem 10/20 207 96 15 63 2.3 0.76 0.54 93 27 162 MSSWG流星群カタログ
εGem 10/20 207 103 27 69 11.6 0.93 0.79 236 207 172 MSSWG流星群カタログ

オリオン流星等の観測速報
観測報告速報フォーマット(日本流星研究会) 観測報告先(日本流星研究会) 報告用紙など(日本流星研究会)
2017年の観測速報 2016年の観測速報 
2015年の観測速報 2014年の観測速報 2013年の観測速報 2012年の観測速報 2011年の観測速報 2010年の観測速報 2009年の観測速報 
2008年の観測速報  2007年の観測速報 2006年の観測速報 2005年の観測速報 2004年の観測速報 2003年の観測速報 2002年の観測速報 
 2009年オリオン群の画像 2008年オリオン群の画像 2007年オリオン群の画像 2006年オリオン群の画像  2005年オリオン群の画像  
2005年11月の軌道計算結果 2005年10月の軌道計算結果 2004年10月の軌道計算結果 2004年オリオン群の画像 
私の撮影した2009年のオリオン群の画像集  眼視とTV観測情報へ 光度分布へ 輻射点情報へ 火球情報へ
10月23日 4時44分53秒 -2等 εGem群 10月22日 3時47分47秒 -1等 オリオン群
ee
10月22日2時26分12秒の−2等の火球。同時になっています。かすかにスペクトルも写っています。 これは、オリオン群ではありませんでした。
 
 10月20日23時41分26秒の−3等の火球。同時になっています。 これは、オリオン群ではありませんでした。
 
 
10月19日0時0分6秒の−3等の火球。同時になっています。 これは、オリオン群ではありませんでした。
 10月18日の2時27分9秒の−3等のオリオン群の火球のスペクトル

10月1日現在、9月30/1日の私のTV観測では、オリオン群は、1時間に3個程度の出現でした。

眼視とTVの観測速報(オリオン群)
観測時刻 時間 H・R 総群数 最微 雲量 方向 観測者 観測法 最高HR
10 22/23 03:00-04:00 60 51 149 N S E W Z NE NW 関口 TVUFOCapture 51
10 21/22 03:00-04:00 60 91 365 N S E W Z NE NW 関口 TVUFOCapture 91
10 20/21 03:30-04:30 60 79 335 N S E W Z NE NW 関口 TVUFOCapture 79
10 9/10 03:00-04:00 60 3 12 N S E W Z NE 関口 TVUFOCapture 3
10 9/10 01:50-02:50 60 2 4 SonotaCo氏 TVUFOCapture
10 9/10 02:00-03:00 60 1 1 Yamakawa氏 TVUFOCapture
10 9/10 02:00-03:00 60 1 1 TVUFOCapture
10 8/9 02:30-03:30 60 6 7 S E W NE 関口 TVUFOCapture 6
10 8/9 01:30-02:30 60 2 4 INOUE氏 TVUFOCapture
10 8/9 03:40-04:35 55 2 2 5.8 2 Gem 溝口氏 眼視
10 6/7 01:30-02:30 60 4 11 N W Z NE NW 関口 TVUFOCapture 4
10 1/2 02:04-03:04 60 4 10 N S W E 関口 TVUFOCapture 4

電波観測結果
電波観測の流星速報 上田氏の電波観測2009年 流星電波観測国際プロジェクト
鈴木氏のHROの結果 杉本氏の6ヶ所のHRO観測データから得た結果2008年
電波観測では、21日の7時頃にオリオン群は、1時間に22個程度の出現のようです

輻射点情報
輻射点名 赤経 赤緯 流星数 広がり 確度 速度 平均光度 H・R 報告者 備考
10 20/21 Ori 94.3 15.5 5 67.1 関口 TV同時流星より

光度分布(オリオン群)
月日 時刻 -7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 6 7 8 合計 観測者 平均 観測法
合計 2 4 6 40 122 296 299 125 5 939
22/23 22:20-05:40 1 3 3 16 38 47 31 9 1 149 関口 TVUFOCapture
21/22 21:45-05:30 1 2 11 44 120 134 51 2 365 関口 TVUFOCapture
20/21 22:00-05:40 1 8 31 117 118 58 2 335 関口 TVUFOCapture
9/10 00:00-05:00 1 3 5 2 1 12 関口 TVUFOCapture
9/10 23:00-05:00 1 3 4 SonotaCo氏 TVUFOCapture
9/10 02:00-03:00 1 1 Yamakawa氏 TVUFOCapture
9/10 02:00-04:00 1 1 TVUFOCapture
8/9 02:00-05:00 3 2 1 1 7 関口 TVUFOCapture
8/9 23:00-04:00 2 1 1 4 INOUE氏 TVUFOCapture
6/7 23:00-05:00 2 2 5 2 11 関口 TVUFOCapture
1/2 2 6 2 10 関口 TVUFOCapture

準火球情報等

時刻 等級 発光点 消滅点 時間s 速度 その他 観測者 観測地 観測方法 備考
10 22/23 05:11:11 -3.8 Ori 0.1 画像あり  関口 埼玉県 TVUFOCapture  
10 22/23 01:41:15 -3.1 Ori 0.4 画像あり 関口 埼玉県 TVUFOCapture
10 9/10 02:07:03 -3.9 Ori 0.5 画像あり 秋田県 TVUFOCapture